ラブ・フィットネス (筋トレ&エアロビ&ステップ&ダンス&ヨガ&自己治癒法の研究記)

オリジナルコリオ、ステップ名、ポーズ名などの解説にもTRY中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




スポンサーリンク


スポンサー広告 |

そもそも、「ターン」とは何ぞや?

ターンのページを覗いてみると、こんな一文が


ターンが、好きな、インソラクターは、必ずやりますが、
受けている受講生は、いやがります。
っそれは、目が回るためです。
原因は、回る時、足元を、みるためです。
回り時、下を、みずに、上(建物の壁)を、
見るように、指示すいてください。



確かに、ターンする時に地面を見てると乗り物酔いしますよね。

視線が大切です。ターンを開始してもなお正面の鏡を凝視し、
首はできるだけ遅めに回転を始め、
0.01秒位で360度回転させる事で
ふらつきが無くなりますYO!
これはある意味「首でターンする」とも言えますね。
「鏡凝視時間を最大にする」とも解釈できるでしょう。
首を回転してる時に壁を見てはいけない、というか、
壁を見る余裕がない位早く首を回転させればふらつきが減るでしょう。

こういうルーチン
・回転が始まる
・ぎりぎりまで鏡を凝視(首を残す)
・体の回転が終わりに近づく
・その瞬間に一気に首を回転
・元の鏡を凝視に戻る

視線の事は書いていませんでしたね。
コメント有難うございます。


ナマステ





スポンサーリンク


テーマ:Fitness - ジャンル:スポーツ

STEP名 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。