ラブ・フィットネス (筋トレ&エアロビ&ステップ&ダンス&ヨガ&自己治癒法の研究記)

オリジナルコリオ、ステップ名、ポーズ名などの解説にもTRY中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




スポンサーリンク


スポンサー広告 |

モーツァルトのピアノソロ曲で一番いいと思う曲

モーツァルトの作品で一番感銘を受けたのは、
他でもないピアノソロ曲である。

自分で全てを再現できるピアノソロだからこそ、
そのオーケストレーションの壮大な生楽器の音色を
耳と10本の指でかみしめたものだ。

そんな、モーツァルトのピアノソロ曲の中で、
一番感情表現がストレートでありつつ深いのが、
このピアノソナタK.310の第1楽章である。



左手による音符の単純な連打から始まり、
一瞬の優美な楽章を経過し、
精神的闇の楽章に入っても、
常にその力強さを失わない、
バロック的対位法を基本にしつつも、
途中コード解釈が完全に不可能な部分があり、
気まぐれで作ったとしか思えない。
この構成はある意味、様式HM-ROCKに通ずるものを感じる。

この楽曲のような、情熱的な人生を送りたいものだ。


内田光子(p)の演奏にしびれた。 正直外人の演奏は、
音楽的通訳が入らないので理解しにくいものだ





スポンサーリンク


テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽

日常 | コメント0 |
<<タラ・ヨガ恐るべし! ?猫フィット? | HOME | 3月23日 エアロ・シェイプ60>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。