ラブ・フィットネス (筋トレ&エアロビ&ステップ&ダンス&ヨガ&自己治癒法の研究記)

オリジナルコリオ、ステップ名、ポーズ名などの解説にもTRY中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




スポンサーリンク


スポンサー広告 |

1月27日 パワー・ヨガ45

1月27日(日)

■「パワー・ヨガ45」 津野敦子

今日新たに認識したポーズ

○前屈の強度UP
 1.両足を前に投げ出して座る
 2.右足だけ曲げてかかとをお尻にぴったりくっつける
 3.右肩を立てたひざの前に割り入れる
 4.右腕手首を回転させて肩をさらに奥まで入れる
 5.右腕と左腕を背中で握手させる
 6.そのままの体勢で前屈を深める

 ただでさえ苦手な前屈がさらに難易度の高いものに


鏡で見てみると。トライアングル・ポーズだが、
自分のは何か変。腰の曲がり方がおかしいのか
きれいな線になっていない。

体はホント少しづ?つ柔らかくなってきてはいる。
しかしそのスピードは実に遅いもので、5年、10年先を
見据えないと続かないでしょう。 (私の場合)

「二人組みのストレッチ」というエクササイズを
導入してくれれば意外と早く柔らかくなるかも。

学生時代、体操部の部活では毎回、
新体操の女子と二人組のストレッチを20分位するのが
最初のメニューに必ずあり、(絵的にHだけど極々マジメです)
これが、一人では決してできない部位(背骨など)を柔らかくして
くれるんですね。

うつ伏せで寝た相手の上に馬乗りになり、首の付け根や背中を指で指圧したり、
腕や背中や足を一人では絶対できない方向に捻ったり、
慣れてくると、背中から足のつま先までを歩いたり(足による強力な指圧)、、、
今思えばある意味プロレス・チック&SMチックな技(?)の数々を
お互い交互に掛け合うわけです。 でも終わると心も体も爽快になります。
一度あれを知ると一人ストレッチ(極々マジメです)
は、あまり効果的じゃないように感じてしまいます。

=NORAうさぎ=

P.S.
「二人ヨーガ」 発見!
喩伽☆独&皆 (ヨーガ★読み解き)




スポンサーリンク


テーマ:Fitness - ジャンル:スポーツ

ヨガ | コメント0 |
<<1月29日 エアロ・アドバンス45 | HOME | 1月27日(日) エアロ・アドバンス45>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。