ラブ・フィットネス (筋トレ&エアロビ&ステップ&ダンス&ヨガ&自己治癒法の研究記)

オリジナルコリオ、ステップ名、ポーズ名などの解説にもTRY中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




スポンサーリンク


スポンサー広告 |

遅すぎる2017年のご挨拶

ハ(ピ=ペ)ーニューイヤrー~でございまする

皆様お元気ですか?私は元気です、
というか、色々な事に気付き過ぎてしまい、
悟ってまた振り出しに戻る、という、
生きながらにして何回も生まれ変わってるかの如くなエブリデ


音楽って、コードや楽器演奏技術なんかじゃない、

そう、単純に「歌詞」「歌声」なんですねー。

私は「超」が付く位に音痴なので、
それを補うために、血のにじむような努力をしてきました。
(録音した自分の歌声を聴いて、これは50年以上はかかるだろう、と)
ピアノやギターやシンセサイザーや編曲の勉強をしたり、
本当は絶対にやりたくもないような苦手な仕事に挑戦してみたり・・・
フィットネスもその一環です

そうです、歌が本当に上手くなるには遠回りするしかない、
と勘で気付いてはいたんです。

でも、ちょっと遠回りし過ぎた、かな?

肝心の「歌」の練習が完全におろそかになっていて・・・

今再び、色々な名曲の「歌コピー」、
つまり、物真似芸人が歌をコピーする様な感じで、
声色から全てを、できるだけそのまま真似て歌う練習をしています。

言葉の意味はさておいて、色々な国の名曲の歌声を、
そのままコピーする、という、
実にややこしい=楽しい練習です。

物真似芸人の声帯模写、
声であらゆる物事の音を出す、
トランペット、ベース音、パーカッション、雨音、・・・
そんな事もできたらいいなー



(続く)

実は、日本語の歌こそ、外国語の歌以上に、
歌いまわしを細かく細かくコピーする必要があるらしい、と気付きました。
日本語をよく知っているから、そう思うのか?それとも、
日本語には、他の言語と決定的に違う「何か?」があるのか?
同じ言葉でも、歌いまわしによって感じ方が激変する!
いかに今までいい加減に歌ってきたか、を、
今更ながらに気付いてしまい、問題が日々山積みです、

が、ようやく解決の鍵が見えてきた、と


私は実は音楽が全教科の中で一番苦手だった、
でも、だからこそ、その練習を続ける
決して諦めない!
どんなに時間がかかかっても、
必ず音楽の全てをこの手に掴んで見せる!


「音楽を好きな人に悪い人はいない」
は嘘です。最近では、
「音楽を好きな人にこそ悪い人が多い」、
そういう時代に遥か半世紀以上前に突入しているんです。
それは、音楽というものを、生物兵器、他国侵略兵器、人民統治兵器として
利用する国が増え始めてきた事も要因の中の一つです。
それ故、余程安全であると確認済みではない音楽をヘッドフォンや大音量で聴く事は、
非常に危険です。冗談抜きで、忠告せねばならない状況です。
「音のサブミナル」、つまり、
・聴き取れない位小さい音や、
・聴き取れないかに思える周波数、
・逆回転音などで
人民をマインドコントロールしようとしている曲があるんです。
これらは特殊な装置を使っても、解析する事は非常に困難です。
そういう意味でも、打ち込みデジタル音楽よりは、
生演奏録音の音楽の方が、まだ比較的安全である、という事になります。
 音楽職人などは、同じ曲を何回も繰り返し聴き、その内容をコピーしていきますが、
 もし、その曲にサブミナルが仕掛けられていたとしたら?
 その洗脳を解くのには多大な時間が掛かる、という非常に恐ろしい事になってしまうのです。
 そういう事を知らない人が、まだまだ多く、早く気付いて欲しいですね。


「本当に良い音楽」とは、まさしく生きる喜びどすたいね。

いきなり作詞コーナー

いつも おなじ ところを まわってる
この ちきゅう も おなじだね

でも ほんとは
すこしずつ かわってる
きどう が しゅうせい されて いく の がわかる

おなじ ふね に のりこんだ ぼくら
みんな ばらばら な ことを してるようでいて

どうやら・・・???



(続く)







スポンサーリンク


日常 | コメント0 |
<<熟成発酵野菜の毒見の続き | HOME | 音楽の謎>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。