ラブ・フィットネス (筋トレ&エアロビ&ステップ&ダンス&ヨガ&自己治癒法の研究記)

オリジナルコリオ、ステップ名、ポーズ名などの解説にもTRY中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




スポンサーリンク


スポンサー広告 |

ギターの立ち弾き効果・その後

立ってギターを抱え、
全身でリズムを取りながら練習する、

直立状態なので、
足→腰→胸→肩→腕
と、下から順に積み上げていく事になり、
リズムの連動がスムーズにいきます。
ヨガの「山のポーズ」と同じ感覚ですね。

弾けなかったリズムが弾けるようになりました。
踊りながら楽器を練習するという、
非常に「ややこしい」事を行うと、
リズム感の成長も速い様です。

そう、まさしく
「立って弾いた方が簡単に弾ける!」
という意外な事実!

そういえば以前、ピアノの練習も、
立って練習してみた事があるのですが、
細かいリズムがブレなくなる効果を発見しました。

開始数日間は足や腰が痛くなりますが、
これは筋肉や神経細胞を生成している証拠。
この痛みを乗り越え、痛みが消える頃には、
以前よりも確実に上手く弾ける様になっています。

歌を座って歌っても上達しないのと同じ事、
いや~何事も「立ち仕事」が基本でしたね。


LF管理人はLM(Light Music)管理人をも兼任す



(続く)






スポンサーリンク


エアロビクス | コメント0 |
<<この冬を乗り切る知恵 | HOME | 使った「お茶の葉」は再利用>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。