ラブ・フィットネス (筋トレ&エアロビ&ステップ&ダンス&ヨガ&自己治癒法の研究記)

オリジナルコリオ、ステップ名、ポーズ名などの解説にもTRY中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




スポンサーリンク


スポンサー広告 |

フィットネスに流派???

フィットネスを深く愛するものとして、
「広く浅く運動する」を常に心掛けています。

しかし、どうやら周囲の様子がおかしい???

例えば、
・スタジオを利用する人は、決してジムを利用しない
・ジムを利用する人は、決してスタジオを利用しない
・温泉&サウナ愛好家は、決してジムやスタジオを利用しない
・エアロビクス愛好家は、本気でエアロビクスだけしかやらない、
・フリーウェイト愛好家は、本気でフリーウェイトだけしかやらない、
・ヨガ愛好家は、本気でヨガだけしかやらない、
・水泳愛好家は、本気で水泳だけしかやらない、
・サウナ愛好家は、決して温泉を利用せず水シャワーしか併用しない、
 →ここまでいくと冗談を超えて、何かの「掟」みたいに見えてくる(^^)

スポーツクラブという、これだけ色々な事ができる状況に置かれながら、
人とは、たった一つの事しか行わない、という、
明確な「棲み分け」「流派」「派閥」「グルーピー」
の様なものができ上がってるんですね。

単独行動が怖い、決まったグループでないと入れない、
つまり本来の運動目的よりも人間関係に縛られ過ぎてしまう、
という事も由来しているのでしょうか。
この傾向は、都市部、近郊部などの地域別や、施設形態にも関係がない様です。
本当にどこでも同じです。東京の色々な施設でも同じ感じでした。

最初は「冗談だろう!そんなバカな!」と驚きましたが、
実に8割強の人にその傾向がある事がわかってきました。
色々な知識を吸収しよう、会費の元を取ろう、という考えも長期間のうちに消滅してしまう様です。
これは心理学の研究にも関わってくる事です。(脳の許容範囲?)

色々なプログラムに自由に参加するスポーツクラブ会員、
というものを、私以外に数名しか知りません。
真剣に、片手にすら余る程です。

「人とは自由な状況を与えられると、逆に
たった一つの事しかやらなくなってしまう」
→ん~、これは究極の真実かも。

スポーツクラブの会員の殆どが、
「専門職人選手?」になってしまっている。
逆に色々な事を広く浅くしている私の方が奇異に見られてしまう、
という感じです。

いやしかし、それでは病気の予防は不可能なのです。
これは自分の体がそうでしたから。
毎日温泉にだけ入っていて病気になってしまって来なくなった会員さんを
数名知っています。
・・・どうなるんだろう?

つまり、フィットネスというものが単なる「習い事」ではなく
「病気予防」のための実践的な各種運動である、
という事を本気で知らない人の方が断然多い、という
実に驚愕すべき事実です。



※網の目健康法=巡回サーキット・トレーニング=色々な運動をしてないと病気になってしまう


いや~この手の内容の記事は、もう何回も書いてきていますが、
多分、殆どの人は、この文章の意味を理解できないのかも?
GIZAはがゆっすな~。



(続く)


P.S.
温泉で自分の裸体を他人に晒すのが恥ずかしいから、と、
病気になり、あちら側の世界に旅立たれた人を知っています。
人の目を気にするあまり、冬でも浴槽に浸からずドア付きのシャワーブースのみで済ましてしまう。
若いうちは通用しますが、30代を過ぎたら危険ですね。
そういう訳で、最近は心理学系統も勉強せねば、となってきた訳です。

・ただやらないのか?
・できないのか?やり方を知らないのか?
・できるけど、やりたくないのか?面倒くさいのか?
・練習着を持っていないのか?
・忙しくて時間がないのか?
・単独参加や単独行動が怖いのか?
・ただ恥ずかしいのか?
・ひとつの事に集中してレベルを上げ、それ以外の下手な自分を見せたくないのか?
・そのプログラムの効果を本当に理解しているのか?
・必ず毎回参加しないといけないと周囲に義理立てしているのか?
・人の指示下でしか行動できず、自分で考えて動く事が全くできないのか?
・フィットネスのプログラムを学校の唯一選択式の部活動と勘違いしているのか?
・そもそも好奇心はないのか?


殆どの人は、体の磨耗ではなく、
「心の使い方や考え方」が原因で病気になるのです。


こんな心の余裕を与えてくれたフィットネスよ、アリガトウ!


Thanks Fitness. I'ill go next Steps!






スポンサーリンク


健康 | コメント0 |
<<楽器は立って練習する | HOME | ミカンの皮効果>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。