ラブ・フィットネス (筋トレ&エアロビ&ステップ&ダンス&ヨガ&自己治癒法の研究記)

オリジナルコリオ、ステップ名、ポーズ名などの解説にもTRY中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




スポンサーリンク


スポンサー広告 |

一回の食事の量を減らし、食事の回数を多くする

  
学生・社員食堂や外食を利用している人には不可能な技ですが、
自宅で食事をしていいる時や、弁当を持参している時の有効な方法

「一回の食事の量を減らし、食事の回数を多くする」

食事をしていて、腹がもたれてきたと感じたら素早く食事を止める。

後でその残った食事をまた食べる。

※「食事の回数を多くする」とはいえ、お菓子等の間食はダメ。
 フルーツとかならOK


・ダイエット
・胃・十二指腸の手術後
・肝硬変や糖尿病の治療中
等にも有効な方法なので、
いちど試してみて下さい。


若い頃は、「ラーメン大盛り」を10分で平らげたりという
豪快な事もできるものですが、
年齢を重ねると、内臓が一度に処理できる量が減っていくそうです。

だから、通例の「一日三食」だと、体質的に
体が処理できなくなっている場合があるそうです。


ヨガをやり始めてから、内臓の調子に敏感になり、
「一食を二回に分ける」ような事が増えてきました。


たまに一食抜くのは解毒としていいのですが、
毎日それをしていると、結局、夜に大食いする訳で、
結局体に負担がかかってしまう事にもなってしまうのですね。






スポンサーリンク


テーマ:健康第一 - ジャンル:心と身体

健康 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。