ラブ・フィットネス (筋トレ&エアロビ&ステップ&ダンス&ヨガ&自己治癒法の研究記)

オリジナルコリオ、ステップ名、ポーズ名などの解説にもTRY中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




スポンサーリンク


スポンサー広告 |

自然崇拝宗教の問題点

これまで私は長い間、

「自然崇拝宗教」こそが素晴らしいものである、
と考えてきました。

「人間崇拝宗教」とは、「自然崇拝宗教」を、
人間が巧妙にミスリードしたものであると、
信じていたんですね。

だがしかし所詮は、失敗作か良く言えば未完成の人類が考える事。
自然災害から逃れるために、
スケープゴート、つまり「生贄」を、
身内の中から、自然に向けて差し出すようになった、

これは多分、「肉食」の過程で、
動物霊に憑依されてしまったのも原因なのかもしれませんが。
そう、その生贄は「自然」に向けて差し出しているのではなく、
「動物霊」に向けて差し出している可能性がある、と。
となると「動物霊崇拝」にもなりますね。


つまり、自然崇拝宗教そのものにも、既に危険な要素が含まれていたんですね。


自然崇拝宗教の変質過程

第一段階:
自然崇拝宗教→動物から怨まれる事を回避するために、
動物に対し人間を生贄として捧げる事で動物霊崇拝→悪魔崇拝へと変化した

第二段階:
自然崇拝宗教→自然災害を回避するために、
自然現象に対し人間を生贄として捧げる事で悪魔崇拝へと変化した

第三段階:
自然崇拝宗教→支配者が自分に崇拝の方向を向けるために「自然」を「自分」とした


いやはや人間が考える事ですから、必ずや変な方向にいってしまうんですね。


悪魔がどうして人間+動物の姿をしているのか?
肉食の過程で動物崇拝から悪魔崇拝へと変貌してしまった、
そういう訳らしいですね。肉食で人格が変質してしまうのです。
これは実体験談ですが、菜食生活に切り替えれば、
以前よりも少しはマシな人間になれます。


では、何も危険性がない自然崇拝宗教とは?
・生贄儀式を行わない
・組織化せず個人的に考えるだけ
・「自然」を、地球、宇宙、とかいった、壮大な規模まで拡大していく


「宗教」という概念そのものが、もはや危険だったんですね。
「哲学」というものとも違う。


宇宙を「誰かが作った」、仕組みそのものを「誰かが作った」、
この「作った」「創造した」という考え方が、人間の脳の限界です。
では「作ったものを作ったのは誰か?」みたいな話になってしまいますね。

いやもしかしたら「崇拝する」という考え方も、
また違うのでしょう。


この様に、人間の脳では決して理解できない「何か」なのですから、
潔く諦めてしまう事が肝心です。

ではどうすればいいのか?というと、
決して理解できない「何か」に「感謝」し続ける、
そういうことであれば、害がうまれることもないのだろう、
そう思う今日この頃です



(続く)


そう、「感謝」する対象を特定してしまうと、
そこからまた要らぬ争いが起こる場合もある、と・・・歴史が証明しております


いや~、なかなか気は抜けませんね








スポンサーサイト


スポンサーリンク


日常 | コメント0 |

間接支配の代理人

どうして日本国内において、
奇妙なまでに、大陸アジア人が活躍しているのか?

色々と調べてみましたが、
そのバックに、偽宗教や偽札作りで無限の金を作り出している
偽(自称)ユダヤ人がスポンサーとして、いるのだ、
という事がわかりました。

偽ユダヤ人=マフィアが発明した
・テレビネットワーク
・ギャンブル=その応用=パチンコ
等が宣伝時の強力な武器

白人が日本を支配している事が、
日本人にバレない様、
日本人のように見える大陸アジア人を金で雇い、
間接支配の代理人として、
ま、つまりは「スパイ」として
雇ってるんですね。

偽宗教→偽ユダヤ人→偽札→偽社会制度→偽者による社会支配

この様に、紀元前に始まった今回の文明の出発点自体が、
「相手を騙すための」「偽論理」に基づいておりますから、
あとに続くものは全て「偽」で埋め尽くされてしまう、
「最初が嘘だから、嘘で嘘を塗り固めるしかない」という状況になってしまう、


さて、それでは、白人=偽ユダヤ人に、
金で雇われている大陸アジア人の皆様は、
日本に出稼ぎ中に、
自分の愛する本国が、白人=偽ユダヤ人に、
メチャクチャにされている、
その事実に関しては、どう思うんでしょうかね?

・・・もうお気付きでしよう、

悪い事をすればする程、儲かる=偽札=紙切れが手に入る

白人による日本間接支配の代理人として雇われて生きている、
大陸アジア人とは、本国も、居住国も、
その双方を裏切っている、地球上のゴミの様な存在なんです、

もう、どこにも、帰る場所など、どこにもない、

そう、それこそが、
自称ユダヤ人とともに地獄に落ちる運命、となるのですね

流浪の民:国を愛する事ができない人間は、家族を愛する事すらできない、
ただのゴロツキに過ぎない

聖書という完全創作子供向け読み物に、よく出てくるテーマ、
迫害により居住地を離れ、流浪民となる、
そう、それは、海賊=マフィア=盗賊として生きる事を推奨してるんですね、
これ、多分、同時の時代に生きる盗賊連中が書き換えたんでしょう、


聖書というものに真実を求める事は無理、
だがしかし、マフィアの未来犯罪行動計画については、
予言の振りをして書かれています、

それは預言ではなく、殺害予告に過ぎない、
もう、そういう研究結果が出ています、
?聖書研究は、もう既に完了しております、よ



(続く)


「君子、宗教も中華思想も信用せず」


そう、「自然崇拝宗教」が、自然界への恐れから人間の生贄儀式を発明し、
それが悪魔崇拝へとなだれ込んだ、
そういう流れも実はある様なんですね。

つまり、「自然崇拝宗教」が、「悪魔崇拝宗教」や「唯一神=人間崇拝宗教」を作り出した、
そういう可能性がある訳です。
信心とはそれだけ簡単に利用されてしまいやすいものなんですね。

「自然崇拝宗教」とは「唯一神=人間崇拝宗教」よりは、
随分とマシなものですが、
こういう落とし穴もある、という訳で、では何を信じればいいのか?

とにかく、どんな考えであっても、
人間という不完全な生き物の考える事に過ぎないんですね。
その考えや思想を組織化してしまえば、必ずや転落してしまう、
そういう事だけは理解できました









スポンサーリンク


日常 | コメント0 |

APAホテル抗議デモの真相

「南京大虐殺」を拡散する中国人は、
昔も今も、
その全てが白人から「おこずかい」をもらい、
手弁当で活動している、日雇いアルバイトさんたち。
日本共産党の凱旋活動でも多くのサクラが役者として行動してます。
アジア人の裏切り者である。

ああ、そういえば、大昔に、
「南京大虐殺」という偽書本を出版した
自称中国人女性も、
白人からの指示で行動しているだけでしたね。

まあ、そもそも「共産主義」というもの、そのもの自体が、
偽ユダヤ人が作った「虚構論理」ですからね。


???ところで、偽ユダヤ人が主導した中国人無差別大量虐殺事件である、
「文化大革命」や「中国天安門事件」に対する抗議活動
はどうなったんだろうか?
中国本国で抗議デモをすると殺されてしまいますから、
日本に逃げてきてガス抜きするしかない、そういう状況らしいですね


ご心配なく、
どうして中国近辺に住んでいたアジア人が中国から逃げて、
世界中に非難しているのか?

それは、中国という国が、
偽ユダヤ人が「発明」した「共産主義」でメチャクチャ
になってしまったので、中国近辺に住むアジア人が
中国という国そのものを見捨ててしまった、

それで、この日本に逃げて来た「在日中国人」の皆様が、
中国を、昔の正常な状態に戻してくれる事に期待してる、

そういう訳なんですねー



(続く)


「南京大虐殺」とは、偽ユダヤ・世界ネットワークが発明・投下した
「原爆・無差別大量虐殺」を正当化するために、
英国・アメリカ・中国等、各国にあらかじめ侵入させておいたスパイ集団を利用し、
既成事実にしてしまおうと、今も計画している事案、その一例が、今回の心理作戦

でもしかし、

まあ、そもそも「資本主義」というもの、そのもの自体が、
偽ユダヤ人が作った「虚構論理」ですからね。
そういう意味では我々日本に住むアジア人は、
大陸アジア人の皆様から、かなーり怨まれているのもまた事実。

偽ユダヤ人による両建て支配
・共産主義
・資本主義

あっと、こちらが先でした、ね

偽ユダヤ人による三建て支配
・ユダヤ教
・キリスト教
・イスラム教

宗教による「三建て支配」を思いつく人間とは、もちろん宗教など崇拝してはおらず、
宗教というものを、ただの人民支配の道具として利用しているに過ぎない、
そんな簡単な嘘すら見破れない人民が、この地球上に、実に7割以上もいるんですね

愛国心もない、自然崇拝宗教も信じない、ただ偽札ばかり刷っている金の亡者連中が、
この世界をメチャクチャにしている現状を放置しておけば、トンデモない事になってしまいますぞえ、

いやー、この程度の事は、ほんのちょっと調べる気がある人であれば、もう常識ですね


そいう訳で、
今後は、我々アジア人が、元々築いていた
社会体制に、立ち戻ろう、
そういう協力体制へと移行していくのが、一番いいんでしょうね

「失敗作」を、元に戻す事は可能です、


「みんなで てをつなごう」








スポンサーリンク


日常 | コメント0 |

英語版の「上を向いて歩こう」が!!!

つい最近、英語版の「上を向いて歩こう」がある事を知り、
聴き直してみると!!!???
郷愁感がハンパじゃない!!!

これって、もしかして中国人がリメイクしたの?
中国人が英語で歌ってるの?

中国語というもの自体、大陸の言語なのか、
ヨーロッパや英語っぽい発音が出てきて、
あれ?とよく感じるんですが、
?でもアジア人には見えないし???

原曲よりも、ある意味アジアっぽい!!!
そういうメロディーに変化してるんですねー。


とにかく「上を向いて歩こう」という曲は、
謎の曲でありまして、
どこにでもある非常に平凡な曲の振りをしつつ、
どうにも心の琴線に深く染み込んでくる。

実はこの曲のコード進行も、
簡単な振りをした難解さがあり、
弾き語りで歌おうと思っても、
なかなかうまく構成できない???

もう何年間、何回練習しただろうか?
練習する度に、こうせねばならん!
という道筋が見えてきて、
なかなか最終形に辿り着けない、

全くもって不思議な曲ですね




(続く)



暗中模索:
先が見えない山を登ってる、
盲目の人が山登りをしている感覚が、
多分、音楽表現を探求する、という事みたいですね。

適当にやるのなら幾らでもできるが、
「まともに」「ちゃんと」演奏する、
という事すら難しい、

多分、まだまだ視覚に頼り過ぎてるんだろうな・・・





スポンサーリンク


音楽 | コメント0 |

怠け者の仕事とは?

会社まるごと怠け者ばかりで、
まともな人間が、ただの一人もいない!
そういう会社が実際にあります。
(まともな人間は退職するか、退職させられる)

怠け者とは、自分の仕事を減らす事に関してだけは、
それはそれは精一杯努力します。

例え利用客に迷惑がかかっても全く問題はない。
いやむしろ、利用客に迷惑をかけて、
呆れさせ、利用しなくなるようにすれば、
客は徐々に減り、怠け者は、
自分の仕事を減らす事ができるのです。

?それでは経営が成り立たなくなるのでは?
という事まで、怠け者は考える事はできません。

いかにして自分が、仕事中に、
ゆったり、のんびりと過ごせるか?
が、一大課題なのです。

経営者が、委託会社を完全に信用しきっていると、
その委託会社の社長もまた、
客を減らして楽をしよう、と考え、
実際に計画を立て、行動に移すんですね。


こういう幼稚な考えは、学生のアルバイトレベルの発想ですが、
実際に経営に携わっていない、だたの請負会社は、
そういう風にして、経営会社と利用客の双方を裏切る訳です。

そういえば、介護施設の会社にも、
その様な変な兆候を見たりします
公営施設の管理会社にも、全く仕事をしない所がありますね


派遣、外部委託、というものは、なかなか恐ろしい。
全く仕事をしない寄生虫が、どんどんと増えていくんですね。

やはり何事も、自分で処理するのが一番ですね。

日本の社長の皆様、今日は良い標語が見付かりました

「外注は害虫=寄生虫を呼び寄せる」


(続く)

いや~なかなか驚きというか、

会社でも家庭でも、似たような事が起きているんでしょう

「妻よりも家政婦を雇う方がいい」
「妻に生命保険で殺されずに済む」
 カマキリのメスが、最後にオスを食べる、

どうしてテレビで平日の日中にひたすら
外資系(生命)保険会社のCMを流すのか?
というと、妻が夫を裏切る様に誘導する事で、
生命保険殺人を増やし、
日本社会を破壊しようとしているのです。

「保険」もまた「金融」「宗教」同様に、太古の人類が考え出した、
超詐欺形式でした、ね。

だからテレビを見るな、という事になります


「君子、家事も仕事も全て自分でこなす」








スポンサーリンク


日常 | コメント0 |

東京の「ゴミの島」体験記

仕事で、東京の「ゴミの島」という巨大施設を整理するために、
3回位勤務した事があります。

どこからどこまで、ゴミが無限に広がり
歩く事もままならない環境です。
ゴミの惑星を歩いてる感じ!!!

整理?そんな事は完全に不可能!
では一体どんな仕事を割り当てられていたのか?

もう20年以上も前の事ですから、
記憶を手繰り寄せる事も無理ですが、
多分、警備の仕事だったのかも?

あの体験を、3回もすれば、
「ゴミ」に対する価値観が、かなり良いものになります。

強烈な体験でした。

人間の中には、
この素材は自然分解ができないものである、
という事を知らない人が、実に6割以上もいます。
学校や社会で、そういう事を殆ど教えないからですね

とくに発展途上国の人民の場合、
9割以上の人が、
この素材は自然分解ができないものである、
という事を知らない訳です。日本も、まあそんな現状ですね


(続く)


体験というものは貴重なものです。
もし私が、東京の「ゴミの島」で仕事をしていなかったら、
色々と説教を言う事も、できなかったでしょう。

自分が絶対したくない仕事を敢えてしてみる、
そういう事を、よくしていましたが、
その中の一つが、
東京の「ゴミの島」という巨大施設の整理作業となった訳です


でも、
自分が絶対したくない仕事でも、
全くする必要のない仕事も一杯あります。

治験の仕事とか、・・・

医薬品業界の真実を知ると、
あれはまさに自殺行為

自分で自分をモルモットにするのならいいが、
誰かの研究目的のために自分がモルモットになる必要など、ない


(続く)



「君子、ゴミの島に感謝す」






スポンサーリンク


日常 | コメント0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。