ラブ・フィットネス (筋トレ&エアロビ&ステップ&ダンス&ヨガ&自己治癒法の研究記)

オリジナルコリオ、ステップ名、ポーズ名などの解説にもTRY中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




スポンサーリンク


スポンサー広告 |

自然崇拝宗教は素晴らしい? 料理宗教のススメ

人類の食物採集の進化をみていくと、

木の実拾い→動物を食べる→農業→漁業、となります。

仮説:採集の方式:思考と行動の変化

木の実拾い:自然崇拝宗教
動物を食べる:狩猟:放牧:自然崇拝宗教に人間の生贄儀式が追加→悪魔崇拝→人間崇拝宗教へと移行
農業:自然崇拝宗教への回帰
漁業:海賊:世界規模での植民地略奪計画の遂行:→悪魔崇拝→人間崇拝宗教へと移行

「自然崇拝宗教」とは、「人間崇拝宗教」よりも、
比較的マシなものですが(宗教=殆どの場合、人間の勝手な妄想)、
それが「動物を食べる」事により、
動物霊に憑依されてしまい、自分達の同胞を、
自然や動物に生贄として捧げる悪習が根付いてしまった、という事らしいのです。
自然崇拝宗教しかなかったと思われる年代の多くの古代宗教にも既に、
人間の生贄の儀式があるのはそのためです。

しかし人類は植物栽培の知識を得て、
物をいつくしむ、キリスト教的な考えが広まります。

しかし、漁業を覚えると、今度は、
遥か遠い国の人民を略奪しよう、という悪知恵を開花させてしまいます。
これは魚霊に憑依されてしまった、とも解釈できます。
漁業=海賊船=植民地政策


食物採集(食べ物)と、行動、宗教とが、密接に繋がっている、
という事にお気付きでしょうか?


純粋な自然崇拝宗教であれば地球崇拝宗教、宇宙崇拝宗教へと連なります。

上記仮説から考えても、いくら自然を崇拝していても、
肉や魚は精神が残酷になってしまうらしい、と推測できます。


健康の観点からも調べ尽くしましたが、
肉・魚は人体に必要ない、逆に体に悪い、という結論に辿り着きました。


色々な宗教で、肉・魚を食うな!とありますが、
歴史や人体を調べ続けてきて、やはり、
別に厳しい戒律という訳ではなく、ちゃんとした意味があったんだなー
と解る訳です。子供時代に魚や肉が苦手な人は多い筈です。
牛乳が苦手なのも自然な反応であると思います。
牛乳→ガンの原因となる場合が・・・。
学校給食とは諸外国から押し付けられた「強制的な餌付け」であり、
政治的な意図が隠されていたのです。
マーガリン=トランス脂肪酸=猛毒は常識

そうなると、肉屋さんや魚屋さんが困ってしまいますね。
でも慌てる事はありません。
今後ゆっくり、ゆっくーーりと、
社会が菜食生活へと移行(時代回帰)していけばいいのです。
今からその前準備を始めていけばいいんです。


精進料理、つまり野菜だけで、それ以外の食材の風味を感じ取れる、
つまり「もどき料理」なんていうのにも興味があります。

野菜を発酵させたり、軽ーく焦がしたりすると、
実に味わい深くなりますねー・
これは動物の体内で野菜が変化する現象を調理法で模倣する技術です。



(続く)

いや~そういう訳で、ここ数年は料理の実習に取り組んでいます。
マクロビとも違う、もっと単純な菜食料理を研究中!
植物みたく水と日光浴だけでも暫くは生きられますが、
やはり食べないと生きてはいけないんですよね。
「自然崇拝宗教」と「料理宗教」の二段セットで、
自分自身の精神の没落、そして、
今回の文明の没落を食い止めましょうっ!!!


「君子たるもの料理は必須」
「調理技術の習得の必要性に関しては性別年齢などは関係なし」





スポンサーサイト


スポンサーリンク


日常 | コメント0 |

怠け者の論理:集団心理と行動の実態

いや~今通っているスポーツクラブが、
ここ数年かけて、どんどんとメチャクチャになってきています。
それで、ホテル勤務と人間観察のプロである私が、
色々と行動を観察し、日々記録している所です。
(スポクラ記事をここ数年殆ど公表しないのは、
 愚痴一色になってしまうので書けないからなのでした)
これはこれで、非常に珍しい、貴重な統計調査になります。
世界遺産登録に申請するだけの歴史的価値があるかも?(^ ^)?

■怠け者の実態
・当然ながら、やる気など「堂々と」全くない
・注意すると、すぐに言い訳をし、逆に怒り出す
・まったく反省というものをしない
・自分が完全に悪くても謝らない
・注意されると嘘の噂を流し、注意した客を悪者に仕立て上げようとする
・注意すると少しマシになるが、すぐに元の怠け者に戻ってしまう
・極力自分から動かない=足の筋肉すら使いたくない
・極力話さない=口の筋肉すら使いたくないらしい
・周囲に目配りせず自分事に夢中=目の筋肉すら使いたくないらしい
・自分の仕事が減る様にするためには必死に努力し工夫する
 (仕事しないための努力はちゃんとしているので自分では仕事している気になっている
 →ハイ、ここ、皆さんで大爆笑する所でーーーっすv(^ ^)v
・何故か利用客よりもマナーが悪い→世界遺産登録じゃっ!(^^)
・アルバイトが初日に覚える仕事ですら数年経た今でも未だにできないし、しようともしない
・仕事してんの?休憩しているのと、家でくつろいでいるのと、同じ感じ
・何年経っても人間的成長が全く見られない
・目の前にある仕事が見えなくなっている???
・その作業をやれと言っても、やらない。言うと余計やらない子供状態
・仕事(客の数)を減らしたいため、なんと客に嫌がらせまでする
・同然、「事後報告」というものもしない=できない
・良くなるどころか、どんどん退化していく(怠け技術のみの向上(^^)ゆえ)

下から上まで、こんな感じの人が多いので、
これは多分、社長は、かなりの怠け者であると推測しています。
監視していない、部下の勤務指導ができない、
そもそも社長自身がそういう怠け者思考なので変であると気付けない?
(数年も経過すれば部下の異変に普通、気が付く)

まともな人は飽きれてどこかに去っていきますから、
変な人しか残らないんです。
→客を減らし楽したいため、それをわざと狙っている可能性アリ

この調子ですから、
20人いて、8人以下の仕事量しかこなせない、
非常に効率が悪いんですね。
今日来たばかりの小学生バイトが毎日20人いる感じです。
?いやいや小学生様の方が逆にマジメ。
怠け者の大人程、タチが悪いという事ですね。

そして実に驚くべき事に、
「何年経っても人間的成長が全く見られない」のです。
当然ですね。自分から仕事しようとしないので、
業務をこなす技術も全く向上せず、
人間的にも、ずっと子供のまま、という訳です。

こういう場合に取られる策は、
管理会社そのものを取り替える、という手があり、
問題が根本から改善される場合が多いです。
今それを運営母体側に提案している所です。
(管理会社を競合させ互いに競わせる方法もアリ)

一度怠け癖が、それも組織全体で付いてしまうと、
それも3年以上もの長い期間ですから、
普通の状態に戻すのは非常に困難であり、
それなら全員取り替える方が、いい、となります。

人間的成長が全くない無駄な年月を過ごすよりは、
一刻も早く目を覚まして欲しい、
という「おもいやり」の気持ちでいっぱいです。



(続く)

管理会社の従業員が怠け者ばかりだと、
利用客も、やる事がどんどんとメチャクチャになっていきます。
すると、実に変な空間になっていくんですね。

そう、怠け者の病気は周囲に伝染していってしまうんです。
まともな、優秀そうな人でも徐々にダメになっていく。
(怠け行為の競い合いへと突入していく・・・)
そして行動が次第に乱雑になっていくんですね。

そして、従業員と利用客がいっしょになり、
どんどんダメになっていくので、誰もその現実に気付かないらしいんです。
そう、私だけが、その影響を受けない様にする術を心得ているので、
(マインドコントロール回避技術の習得)
その転落の模様を冷静に記録していく余裕があるのです。
(全員で下りエレベーターで、降りていっている感じ)

これが集団心理・集団空間の怖い所ですね。
何とか元に戻してあげる方法はないかと模索中です。
(前は、まだ少しマシだった)


エレベータ、みんなで降りれば怖くない???
いやいや、下りは階段で降ります。
上がりも仕事でダウンしてない日は極力階段で登ります。
何のためにスポーツクラブに来てるんだか、ネ~(^^)

JAL転落の真実=日本に寄生した怠け者在日外国人達、
あの顛末を想起させますね、


「君子、怠け者に近づいても、その影響を受けず」







スポンサーリンク


日常 | コメント0 |

自分で薬を作る方法のヒント

トリンタノステラ!
植物・健康・音楽・社会・料理研究家TTでーっすv(^ ^)v

みなさんおげんきですか?
TTは「10月1日」から始まる「KOROMOGAE」の「WashingClothes」作業に追われてる今日この頃です、
9月から準備を始めてはいましたが、別の「衣替え」の啓発活動で完全に後回しになってました...


「ワクチンとは金儲け&人工削除目的の詐欺商品である」、
という悲しい事実は、
外国や、日本に住む外国人、医療関係者の一部の人達の間では常識です。
しかし、その事実を一般の日本人が知ってしまうと
目的(ミッション=マニフェスト=アジェンダ=儲けつつ殺す計画)が達成できないので、
「そんなのは嘘だ妄想だ」と必死に否定する人達や団体がいる訳です。

 日本人は古代から渡来人に治世を任せてきました。
そのDNAが現代においても「外国人依存症」的な思考そして行動を生み出してしまうのです。
「誰かが=外国人がなんとかしてくれるだろう」と 考え、
 →これは人類宗教の終末思想、つまり救世主到来を待ち望む他者依存思考と似ている
自分でどうしようか考えず、行動しようとも思わないのです。
その日本人の民族特性は既に外国人に研究し尽くされており、
「日本人は、こういう風すれば思い通りに思考や行動をコントロールできる」、
というマニュアル(行動計画書・プロトコル)の様なものが既にでき上がっています。
彼らはそれに基づいて日々行動しているのです。
テレビも雑誌も新聞も音楽も教科書なども、そういった要綱に基づいて作られ、
統制され、日本人「思考誘導」の道具となっているのです。


自分でワクチンを作る、×
ではなく、自分で薬を作る、という事が可能なのです。

植物や野菜の毒成分、
料理でいえば「アク」といわれる苦味の強い部分を、
時間をかけて弱毒化し、薄めて飲む。、
毒とはいえ、植物由来の天然自然成分であり、
試験管の中で科学的に合成した人工毒などではありませんよ。
そのため、的確な分量さえ把握できれば、
「良薬口に苦し」、となるのです。
(薬=自然毒を薄めたもの、という方向性での治療方法は数多い)

今現在候補としてあるのは、
・乾燥させた根を生で食べる
 (各種植物の根や球根部分の生の毒成分)
 →例:大根辛い=健康にいい
  →つまり地中に埋まっている部分に薬効が多くあるらしい
・泥水を薄めて飲む:アレルギー耐性獲得?
 →野菜は泥水を飲んで生活しているという、事実
・わざと腐らせた野菜の発酵成分=漬物など
・生大豆等の、種の生の毒成分
・生どんぐりの生の毒成分
 ※「豆類」等の植物の種の生の毒成分に着目中

人間が食べると腹痛を起こしてしまう食材でも、
動物にとっては「ご馳走」である場合があるっ!!!
動物は食材を加熱せずに食べていますから、
体の構造や細胞組織自体に自然毒に対する耐性があるらしいのです。
つまり、薄めた毒に、自分自身が慣れる、「体の耐性」というものを、
我々は長期間かけて獲得する必要があるのかも?
それこそが健康維持の秘訣である可能性があります。
(食による身体鍛錬法)

「虫下し」:体内の寄生虫が減少する位に強い成分を摂取すると、
無駄な寄生虫だけが体から排出されます。
寄生虫は寄生虫で、体内に住んでいてくれると
有難い恩恵が数多くあるのですが、増え過ぎると、
逆に体の調子が悪くなってしまいます。
そこで、コーヒーの、より自然で安全なタイプを自作する訳です。
(決して焦がさない、というのがヒント)

よく書く「梅干の種を飲み込む健康法(青梅ではなく)」、
これも、種の中心部分の弱毒を、種の殻が解ける速度に合わせて
体内にゆっくりと取り込む健康法です。
そのため、月に1個程度の頻度が望ましいのです。


さ、これから自分の体をモルモットにした、
各種天然自然食材の「毒味」研究を本格化していこうと思います。

???どうですか???
医者任せにするよりも、
ドキドキ・ワクワクしませんか?

製薬会社の、病院の、医者のモルモットになる位なら、
自分で自分の体をモルモットにして、
色々と試す方が、ロボットではなく
いかにも人間らしい行動であると思います。



(続く)


そうそう、ほらあれ、山菜のアク抜きの過程でできる、
苦い汁、これを有効活用できないかな?
と考えておる訳どすがな、おまんさん

薬を作るなんて、けっこう簡単でしょ_(^ ^)_?
よろしかったでしょか?



「君子、時には危うきを、自ら試す」



またあえるひまで







スポンサーリンク


健康 | コメント0 |

世界権力者の計画:検証10年経過

パンリャツザンソ!
北半球のTTでーっす!
こりゃ面白い事になってきましたぞ!


世界権力者は、宗教や偽札作りで無限の資産を所有しているので、
何でも思い通りに世の中を動かしてきました。

洗脳し、家族を破壊し、国を破壊し、資産を全て奪い取り、
檻の中に入れ、家畜の鳥と同じ様に管理するという、
長期計画を、数千年以上渡る長期計画で遂行しようとしています。

その過程で、各種宗教(世界三大宗教、新興宗教など)を創作し、
社会思想(共産主義、資本主義など)の理論を作り、
世界大戦や混乱やテロを計画、遂行し、
ロック・ヘビメタ音楽等で社会を破壊し麻薬を流通させ(音楽による世界阿片戦争)、、、

家庭破壊も、巧妙に練られた計画的なもの。
ウーマンリブ・フェミニスト育成、シングルマザー推奨、不倫の推奨、
夫婦別性、男女共同参画社会の構築・・・。
これ、いかにも女性の自由を手助けする振りをしつつ、家庭を破壊する、
という真の目的があるんですね。
家庭を破壊すれば地域が国家が破壊できるからです。
市役所や学校は、その「家庭破壊」の手助けをしている実に恐ろしい組織なんです。
公務員は自分達が何をやらされているのか気付いていないんですね。
(男女・家庭の不和を煽り分断し統治しやすくする)=分断統治支配の家庭ヴァージョン

乳がん、不倫、シングルマザー、子宮頸がんワクチンなどの
ドラマや映画を作ってまで大々的に宣伝するのは、
決して流行や思いやり、博愛心などではなく、
大いなる計画書(人類削除計画)に基づいたものなのです。
(だからドラマや映画は観るな、となります)


原爆・原発、ジャンクフードや遺伝子組み換え食品、
ガン三大医療やワクチンの開発も、人類の数を減らす事が目的です。

いや~、私も、まさかこんな壮大な計画を、
ごくごく少数の人物が企て実行しているとは信じられませんでしたが、
「2円で1万円札を作る仕組み」を世界中で実行できる権力を手にすれば、
何でもできてしまう、という事で、妙に納得しています。
 人民の一万円の利益=人民の9998円の負債:
という方程式に関しては20年前から勘付いてはいましたが

そして、この歴史研究も、そろそろ10年以上を経過しましたから、
毎日、より確かに確信は深まるばかりです。

・・・つい最近知った事実ではなく、もう10年間位、
検証を繰り返し続け、ほぼ間違いない、という結論に達している物事です。

連中の裏計画書は、もう既に全世界に拡散されています。
後は我々庶民が、いかにその罠に落ちない様に生きていくか、
という事なんですね。

まずフィルターがあります、
1・ここに書いてある物事の意味を理解できるだけの知識を有しているか?○
2・今あなたが、世界権力者の洗脳下にあると自覚できているかどうか?△
3・今あなたが、世界権力者の手先となり、その給料で生活しているか?×

この3つのフィルターを通過している人物とは、
実に非常に少ないのです。最近でもいて100人に3人位でしょう。
それ故、皆様には、これから再び、
世界歴史や世界社会の復習をしていただきたいと思います。




(続く)


いや~敵ながらあっぱれ!
まさしくこの地球を破壊しようとしている訳です。
「世の中に無駄な物はない、何か意味がある」、
という事で考えてみると、
彼らはもしかしたら地球土着民ではなく、
他の所からやって来た人々の末裔である可能性が高いです。
自然や地球を崇拝する、という考えがまるでありませんし、
アメリカや日本の土着民族を抹殺しようとしているのが、
つまりは地球の土着民を抹殺しようとしている図式と同じだからです。

世界権力者は、我々にある意味での恩恵を与えてくれているのも確か。
つまり、恩恵=知識を与えつつ、問題=混乱を提示して、
「この困難を、地球土着民だけで乗り切れ!」
と試練を与えてくれている存在なのかもしれませんね






スポンサーリンク


日常 | コメント0 |

映画音楽を選ぶのも難しい

私は映画音楽で好きなものがたーーーーーーくっさんありますが、
その映画は観ない事にして、音楽だけを聴いたり弾いたりしています。

そして、その好きな映画音楽に関しても、
念のため、歴史的背景や作者、ストーリーなどを調べて、
危険性がない作品かどうか調べます。

どうしてこんな事をワザワザする必要があるのか?
といいますと、映画や音楽の中に、危険な作品がある、
という事を知ってしまったからです。

とにかくどんなに曲が良くても、
その映画ですら決して観ない事にしています。
人民マインドコントロールのために計画的に作られた作品があるのです。
特に外国の作品に多い様です。
どれがそうで、どれがそうでないか?
調べる事は困難=じゃあ、全て観なければいい、
という結論に達しました(ちょっと悲しいケド)。

私がお勧めする映画音楽の中にも、観ていないので
映画の映像としては危険なものがあるかもしれませんが、
音楽として危険性がないと思える曲に絞り込んでいます。

最近、真剣に、身近にマトモな人が殆どいなくなってしまいました。
マトモな人がいたらそれは奇跡だ!宝物だ!位の比率です。
(文明洗脳に、さらにボケ症状が加わってきたが如く:年齢を問わず)

しかたがありません。普通に生きていれば必ず、
現代文明のマインドコントロールのいずれかの種類の餌食になっているのが、
「普通」なのですから。
私も10年前は洗脳の渦中でしたから、人の事は言えません。
そうなってしまうのは、よーーーくわかります。
大昔から、確かに一般社会とは一線は引いていましたが、
この世のカラクリに完全に気付いたのはつい最近です。

テレビ観ない、新聞読まない、ラジオ聴かない、
雑誌読まない、小説読まない、スポーツ観戦しない、
これ位は防御しておかないと、普通でいられない世の中です。

しかし反面、世界の色々な裏情報が誰にでも入手できるようになり、
私と同等・いやそれ以上の知識を持った人が増えてきて嬉しい限りです。
この流れは国内だけでなく世界中にも広がっているんですね。

ネットでの情報収集ですが、偽情報も無数にあります。
しかし、大量に情報を集め、比較・検討を数年がかりで繰り返し、
とりあえず、という今の所の結論を出していきます。
そしてさらに自分の実体験と照らし合わせて、それが本当かどうかを検証していきます。
私は自分自身も信用していませんから、自分が出した一時的な仮説なども、
定期的に疑い、再検証します。

自分の普段の日常生活でも、毎日緻密に日記を書いていると、
世界の事象を検証するのにも役立つ場合があります。
これはまさしく事実ですから、妄想の入りようがない、
検証する際の強力な武器となります。(灯台下暗し)

日記を毎日書いていると、いや本当にボケない、ボケられない!
物事を忘れられなくなります
(嫌な事も忘れられないので困る事もあるが)
→ここ、大爆笑する所でーっす



(続く)

映画やドラマを観ていると「脳が騙されやすくなってしまう」
というのは事実です。
特にSF映画好きにスピリチュアルやアセンション、爬虫類人
などを信じる人が多いのはそういう訳です。
特に最近は大画面&精密動画で鑑賞できる
→それこそ危険!という訳です

いや~映画も観れない時代なんですね、
ちょっと悲しいけど、その分、自然風景を観る時間が増えました三☆


突然作詞コーナー!
「真実はあなたのすぐ傍にある」
「真実を探しに遠くへ行けばいく程、逆に騙されてしまう場合もある」
「そして、いつの日か気付く事になる」
「真実を探そう、という想いそのものが遠回りだった、という事に」
「本当は最初から全て知っていたのだ」
「ただその真実に目を背けていたかっただけなのだ」






スポンサーリンク


日常 | コメント0 |

仕事という価値感を理解していない人が多い

飽きれた秋、そんな感じかな・・・

実に様々な仕事をしてきましたが、その一つ一つの経験は
全く無駄ではなかった、と

テント設営・撤去、建設現場の各種作業(土工、清掃、荷揚げ、測量、警備・・・)、
家庭教師、アンケート調査、添乗員、紳士服の営業、物流ドライバー、
ウエーター(喫茶店、ホテル、結婚式場、レストラン、大使館、居酒屋・・・)、
ビラ配り、百貨店でのハムの販売員、
ピアニスト、各種HP作成、パソコンプログラマー・・・

職場内で、
仕事とはどういうものであるかを理解していない人が
非常に多い事に気付きます。


とはいえ私も最初の頃は、さんざん叱られたもので、
それからようやく仕事というものはどういうものか?
という事を失敗の数々から理解できるようになったのです。
これは叱られた歴史でもあります(^^)
東京は厳しいよーは本当。やはり優秀な人が多い故

・勤務中は常にメモ帳を携帯して重要事項を書き留めていく
・勤務中にヘッドフォンで音楽を聴かない
・利用客に注意されたら素直に聞き入れ「言い訳」はしない
・休憩は休憩時間内に従業員専用の休憩場所で行い、
 勤務中は休憩しない
・利用客の見える所で休憩しない
・勤務時間と休憩時間を明確に区別する
・勤務場所と休憩場所を明確に区別する
・従業員同士の無駄な会話は控える
・利用客の両目を見ながら会話する
・利用客の悪口を言わない
・客や仕事仲間のウソの噂を流さない
・客よりも先に挨拶する(先にされたら負け)
・自分が客よりも偉いと勘違いしない
・いつでも自分がその施設の社員・経営者である、
 という視点で考え、行動する
・自分で考えて行動できる項目を徐々に増やしていく
・自分に与えられた量の仕事は自分自身で処理し、
 他の人に迷惑を掛けない
・自分に与えられた量以上の仕事をこなす
・接客業とは立ち仕事。極力座る事はしない
・勤務中は、いつでも周囲に目を配り、自分の心の中は見つめない
・仕事中に本を読んだりパソコン等でネットサーフィンなどしてサボらない
・プロ意識と誇りを持つ事(本当本物のプライド)


(続く)

お客様から叱られた、そりゃ、その瞬間はイラッとしてしまうものですが、
殆どの場合、自分(従業員)に非があるものです。
その事を後で冷静に振り返り、どこがいけなかったのかを
分析します。そうしないとまた同じ事で叱られてしまうからです。

自分が嫌な思いをしたくないためには、
いかにしてお客さまからお褒めの言葉をいただくか?
をゲーム感覚で楽しんでいくのが、一番スリルがあって面白いですよ。
そしてお目当て通り、お客様から感謝のお言葉をいただくと、
「この仕事をしていてよかった!」と、夢心地になるんです(^^)♪
で、もっとガンバロウ!となるのでーっす。

いつでも自分がその施設の社員・社長・経営者である、
 という視点で考え、行動する、
これは大事ですね。自分が成長しますし、
いずれ独立する時に役立ちます。

今通っているスポーツクラブも、ド田舎なのか、
社員からポートからアルバイトまで怠け者ばかりで非常に苛立ち、
客なのに逆に疲れてしまいます(苛立ち疲れ、という症状)。
それ故、今私がどこのスポーツクラブに通っているか、
言うのも恥ずかしい状態なんです(^^)困った

どうやって自分の仕事を減らすか?=どうやって客を減らすか?
ばかり考える人が多いのですが、
それこそがまさしくアルバイトレベルの幼稚な考え方なのです。
それでは健全な経営が成り立たなくなってしまうんですね。

よく、全く仕事をしない従業員を見かけます。
お前、それ恥ずかしくないのか???と疑問に思うのですが、
その人は、いかにして無駄な体力を使わずに、
ただそこにいるだけでお金をもらうか(暇をつぶすか)?
というアルバイトレベルのゲームをしているんですね。
 力仕事になると決まって失踪してしまう東大生とか、
笑えましたね。計画的な確信犯というやつです。
「楽をする事が正義」という価値観で
真剣に行動するんですから、こちらが疲れてしまいます。
様々な業種の色々な世代の人々の行動を丹念に観察・記憶し続けていくと、
社会の裏表の仕組みが徐々に見えてくるんです。

そういう訳で最近は、色々な人に説教をする機会が増えました。
やはり今思うには、色々な仕事をしてきて良かったなー
という事です。
色々な職場があり、その職場独特の変なルールもありますが、
無数の業界、無数の職場を体験していると、
それは正しく、それは間違っている、と正確に判断できる様になるのです。
たった一つの職場しか知らなければ決して理解できない、
最低でも10種類以上の業界を知らないと世の中は見えてこない、
だから、実際に体験してみないとわからない場合も多いんですね。


「言われた事だけしていろ!」とかいう人は、
要するに仕事を増やしたくない、自分が部下に抜かれたくない、
という事です。そういう環境では自分が成長できませんから、
時間の無駄、という事です。
「言われた事以上の事をやれ!」という上司はマトモである証拠。
部下の失敗をもフォローする懐の大きさがあるのです。


そしてよくあるのが、娯楽施設の従業員が陥りやすい罠、
つまり自分自身がその娯楽施設の客の気分になってしまい、
仕事しなくなってしまう、つまり、利用客と同化してしまう場合があるんですね。
飲み屋の従業員が、営業時間中に客と一緒に座って酒を飲み出す、
なんていうのが解り易い最悪のパターン。
 それに似たダメなパターンなら無限にありますね(^^)


特別付録:「マニュアル:従業員就業規則作りから始めよう!」
???「よろしかったでしょうか?」って、田舎の色々な所で流行っているみたい。
コンビニや色々な飲食店でみんな言うもんなー(殆ど男)。
ココイチですら「よろしかったでしょうか?」だもんね。
あのテレビドラマ(KDO)の影響かな?
 過去形にする事で丁寧度が増す、という勘違い。
「could you」の応用のつもり?いやまさかそんなバカな・・・
そう、これは従業員自身が注文をウロ覚えであり、
利用客もウロ覚え、そういう非常に「いい加減」な環境なんですよ、
と告白している、つまり、
「私は一生懸命仕事していませんから受けたオーダーは正確ではありません、
お客様であるあなた様も、頭がボケてきて御自分の御注文をお忘れなのでは?
という意味にも受け取れる非常に失礼な言い回しなんですね。
ま、これは問題外という事で、正解は?

「よろしかったでしょうか」:最近できた若者言葉(コレ、接客用語ですら、ない)。
よろしいでしょうか」という未来形が、
これから始まる前向きなサービスの気持ちを相手に伝えるのです


ジョーク:
お客:「私は結婚しないんじゃなく、結婚できないんです!
 でも、き、き、き、今日あなたを見て、き、き、気持ちが変化しました、
 それでよろしかったでしょうか?」
店員:「よろしかったでーすv(^^)v♪」







スポンサーリンク


日常 | コメント0 |

アブラハムは架空の人物である:今回の文明の軌道修正

さっ、そろそろ本気の記事と参りますか。
無料B型肝炎ワクチン拒否の裏付けのためには、
ここまで書かないと多分納得いただけないと思いまして・・・



今のこの世界の混沌を創作・演出している
世界三大宗教:人民の崇拝の方向を自然ではなく人間支配者に向けるプロジェクト。
その立役者とされている
「アブラハム」、

この人物が本当に存在しているとすれば、
「自然崇拝宗教」を「人間崇拝宗教」へと
摩り替えてしまった大罪人なんですね。

アブラハムという人物がもし本当に存在していたとして、
その人物が生きていくためには
自然:太陽、大地、水、風、食物などが必要。

しかし、世界三大宗教は、そういった事は完全に無視し、
ひたすら人の形をしたものを崇拝する事を強要します。
そして逆に自然を破壊する事(終末思想)を目的としています。
その結果、人類自殺兵器を次々と発明していきます。

アブラハム=個人名ではなく、古代海賊の集合体である、と考えれば、
「海が左右に開いて道が開かれた」という虚言もわかり易いです。


つまり、アブラハムという登場人物のキャラクター設定とは、
人民の崇拝の方向を、それまでの自然崇拝から人間支配者に向け、
人民管理を効率よくするための誘導作戦であったのです。

アブラハムにせよ、モーセにせよ、キリストにせよ、
アニメに出てくる架空の登場人物と全く同じものであると考えた方が、
全ての謎が解けていきます。
(いずれも、権力の集合体を、わかりやすく個人名に置き換えた、という小説におけるトリック)

この地球上に住む7割以上の人々は、
遥か太古に悪人が作ったアニメ(創作劇)を、
いかにも本当の事であると信じ込んでいるのです。

人間を崇拝した結果、それはマフィア組織となり地球を破壊しています。
宗教が、マフィアのボスを崇拝する暴力団組織となっている訳です。
しかし、自然を崇拝すれば、今この地球上で起きている
あらゆる混沌の問題を解決していく事ができるのです。

聖書とは、大昔の悪人が作った小説、アニメ、
つまり全く架空のお話である、と考えればいい訳です。

草花が主役の物語よりも、人間が主役の物語の方が、
人間としては優越感・自己満足・共感が得られる、という単純な仕組みに過ぎないのです。

なにもこれは世界三大宗教に限りません。
教祖の名前が明示され、結果的にそちら(マフィアのボス)に崇拝の方向が向けられる仕組みの宗教であれば全ては同じ仕組みですから今後は応用して考える習慣を付けましょう。



(続く)


解り易く書くと、アニメ「北斗の拳」に出てくる
ケンシロウという全く架空の人物が、
本当に実在する神様である、と本気で信じている学生と、
同じレベルの人々が、この地球上に7割も住んでいるんです。
だから、この地球上に住む人類の意識レベルは、
まだまだ幼稚園児並みなんです。

アブラハムを、アニメ「宇宙海賊キャプテンハーロック」になぞらえてもいいでしょう。
海賊=略奪を正当化=植民地政策=地球の資源略奪=地球破壊=人類自殺行為。
主役が海賊のキャプテンですから、どこまでも略奪と破壊をし続けるのみの悲しい物語。
「終末思想」とは、わがままな幼児達が、自分達がした悪行の尻拭いを、
誰か(救世主)がしてくれると責任転嫁するためのヤケクソ論理なんですね。

騎馬民族と農耕民族、この違い。
聖書に「屠る」という奇妙な言葉が何回も出てくるのが、
騎馬民族・海洋盗賊達が作った創作劇である証拠です。

人類は、自分達が作った架空の創作劇を本気で信じ、
暴走し続けている、という訳なのです。
その架空の創作劇を作った張本人の子孫達ですら、
もはや「真実」と「創作」の区別が付かなくなってしまっている状態なのです

冷静に真実の古代歴史を研究していきましょう。生涯を掛けて、ね



「その辺の風に揺られる草花が、なんともいと恋しく、可憐だ」
「もし何かを崇拝せよと言われれば迷わず、この草花達を崇拝するだろう」
「救世主がもしいるとすれば、この草花たちだ」
「そして天空を見上げれば・・・」






スポンサーリンク


日常 | コメント0 |

学校教科書のパンフレット化:日本良識化委員会

コントラマンテ!
日本良識化委員会会長でっす
?んなもんあるん?
今作りました|(^_^)|

復習のため、久しぶりに中学の各教科の教科書に一通り
目を通してみました。

・・・唖然ですね。
内容が極めて薄い!
カラー印刷の派手な画像が並び、
せっかくの文字領域も、
「自分で考えて、ここに記入しましょう」
という吹き出しが随所に(書き入れる生徒は少ないらしい)。
とにかく内容を少なくしようという必死でバレバレな努力(^^)が随所に伺えます。

昔の教科書の半分以下の内容しか記述されていません。
現実的に「バカ量産教科書」といった具合です。

よくある不動産や投資関連の派手なパンフレットの
騙し広告を読んでいるみたいな、あれとソックリなんですねー。

「ゆとり」教育あたりから、
いかにして日本人の子供の学力を低下させるか!
に軌道転換したみたいですね。

人間の脳は無尽蔵であり、いくら詰め込んでも
満タンになる事などありません。
脳細胞がどれだけ死滅しても、
残った量でこの太陽系の全ての知識を詰め込んでもまだ余りがある位です。

カラー印刷の派手な画像で感性に訴えかける=馬鹿な子供を増やす、
内容を昔の半分位にして生徒自身に考えさせる、という名目で、
空白部分を増やす=馬鹿な子供を増やす、

日本人が馬鹿になって得をするのは、
外国と、その手下となっている日本の支配層ですね。

こりゃ、学校に登校して勉強するのが、いかに効率が悪いか、
想像できます。真面目な先生であれば、補足教材作成で大変でしょう。
「わらばん紙」でいっぱい作ってネ(^^)

は???「山の日」???
無意味に祭日を増やす、というのも、日本の国力を奪うための作戦です。

しかし悲しいかな、人間は楽な方になびく。
学校の教員にしてみれば、
教える量が少なくなり休日も増えるので嬉しい、
というのが本音でしょう。
学生はんも覚える事が少なくてラッキー☆
いや~、それこそが外国人が仕掛けた「罠」なんですね。



(続く)


熱烈的に有難う!感謝感激!文部省様!教育委員会様!
これでアホでバカで間抜けで怠け者で愚か者な
日本人子供と日本教員が増えて(ABMNO政策)、
我が祖国中国は永遠に安泰ナルニダアルヨロシ ( `ハ´)!


実は「詰め込み教育」といわれた私の世代の授業でも、
既に学校に通うのが効率が悪い事に気付いており、
授業をある時は無視して独学体勢で学習してました。
独学に慣れてきてからは、
学校には行かず図書館で独習する、という日もありました。
そうです、サボッてるんじゃなく、一人で必死に頭に詰め込んでいたのです。
登校してるよりもある意味大変な作業ですから真似しないでね。
このおかげで日本教育のマインドコントロールの罠に嵌らずに済んでいるのです。
幼稚園を病気で偶然半分欠席も、マインドコントロールから逃れるには効果があったらしいです。

つまり、塾に通うというのもまた違う!という訳です。
生徒諸君!これからは「独学」の時代ですぞ!
独学の方法を独学する方法を独習する:
誰のためでもない、自分のために勉強する、
そしてその学習は永遠に続いていく、終わりなき旅なのです







スポンサーリンク


日常 | コメント0 |

たばこ税値上げ~♪

やたーついに倍額まで上がった!
220円世代→440円!

政府屋さんも、ほーーーーーんとに、
たまには良い事をなさるんですね!
(タバコの販売そのものを止めなければいけないのだが)

タバコで病気になりました。
本当に内臓疾患になるんです。
止めたらバラ色の人生♪


(続く)

タバコの匂いって、屋外でも、
遠ーーーーくまで広がるんですね。
25メートル以上先でも気が付きます。
(それだけ嗅覚が鋭敏になる)

親や周囲や職場の影響で始めたタバコですが、
人生において全く必要のない物です。

タバコは室町時代末期から安土桃山時代に
ポルトガルの「宣教師たち」によって持ち込まれた、そうな。
おーゴッド(BAD)!
宣教師=政治的軍事スパイの側面がアリ、
鉄砲を持ち込んだりとロクな事をしてませんね。
「その国を植民地化する前に宣教師を送る事こそがミッション」
やはり鎖国で正解なんですね。
※江戸時代にあっても良くない物の中の一つが「タバコ」、

禁煙する方法については、
このブログや色々な所で何回か書いてきました。

「タバコが健康に良くないなんてウソ」は大ウソである事を、
20年間における自分人体喫煙モルモット経験でようやく解明できました


ま、料理人とかがタバコを吸ってるのは問題外。
嗅覚どころか、舌の感覚も同時に麻痺してしまうので、
食材の味がわからなくなってしまうんです。
これは厳しい現実







スポンサーリンク


健康 | コメント0 |

江戸時代にそれはあったか?

江戸時代からタイムスリップしてきた「やくざ医師」TTでっ~す(^^)!

とある宗教で、「献血・輸血ともに拒否するのが信条」
というものがあります。
そんな極端な!と驚きましたが、

「献血や輸血で救われる命がある!」
のは真実ですが、
「献血や輸血で失われる命がある!」
もまた真実らしい、と・・・

ずさんな管理体制下において、
献血の血液の中に病原菌が混入していた、
献血の注射針に病原菌が混入していた、
それらが、ウイルスを拡散させている、
という歴史があるんですね。

医療というと、厳密に管理されていると思いきや、
世界の支配者からしてみれば、
我々庶民とは、ペット:家畜:モルモットと同程度の存在に過ぎないのです。

人間、一度偉くなってしまうと突然相手を見下し、
同じ人間と思わなくなってしまう。
誰でもそうなる、という事ですね。

偉く(=悪人に)なりつつも、以前の普通の心理状態を維持するのは困難。
世界の歴史が証明しています。
私でももし世界の支配者となればやはり同じ様に
「愚かな人民を殺せ!」と考えるでしょう。誰でも必ず暴走します。
となると、偉くならなければいいんですね。

江戸時代にそれはあったか?
と考える習慣を付ける、
つまり、
「江戸時代に献血や輸血はあったか?」
と考える。当然ありませんから、
献血や輸血は必要のない不自然なものである、
と結論付けるのが正解。




(続く)


「江戸時代にそれはあったか?」
江戸時代にも、とんでもない物はありましたが、
とりあえず無駄な物を除外するフィルターとしてはいいですね。

「江戸時代にシャンプーはあったか?」
ないです。
石鹸で髪を洗い続けて、はや10年。
初期は頭皮が荒れるみたいな「気」がしましたが、
今は頭皮も髪も完全に良好です。
しかし自作するとなると、米のとぎ汁&酢&塩&海藻水。


江戸時代にワクチンなんてないよ
(これを言いたいがためにここまで引き伸ばした)







スポンサーリンク


健康 | コメント0 |

投資は凍死、そして再びワクチンの話へ

裏日本の社長TTでーっす!
みなさまいかがおすごしでしょうか?
今日もいきなり本題へと・

 よく、子供向けの小さい札束が、
おもちゃコーナーに置かれていますが、
世界に流通している各国の紙幣も、
あの玩具紙幣と全く同じ様なものである、
つまり、偽札同然である、という事実を
数年前に確認しました。
権力の力を使えば、2円の経費で作った紙幣を、
1万円であるとゴリ押しできてしまうのです。
それが世界各国の中央銀行の役目です。

金融関連の投資は全て、連中が仕掛ける罠です。

では、宝石関連はどうか?
本物(現物資産)だから価値があるのでは?

残念でした。連中は既に先に手を打っていたのです。
なんとなく見栄えがいい石を、
いかにも価値があると思わせ、高値で取引させる、
詐欺流通形式が、遥か昔から行われています。

高級ワインの価値付けもまた、非常に手の込んだ詐欺の様なものです。

不動産も、最近は「プレハブ構造をマンションに見せかける」手法が流通しています。
そうです、非常に安価なプレハブの躯体を組み合わせ、いかにも高級に見せかけて、
200万円のものを2000万円で売るのです。
建造技術が進化しても建物の価格が安くならないのは、
吊り上げているからです。


となると、「種」、そう、植物の種こそが、
真に価値のあるものの中の一つなのですが、
これも残念でした。連中は既に先に手を打っていたのです。
「F1種子」という、1世代のみの種子を開発し、
全世界に流通させています。

世界の古代神話を書き換え編纂した「旧・新約聖書」を利用して、
自然崇拝を人間崇拝へと誘導した連中、
そう、その時から宗教とは殺人兵器と化したのです。

これだけ悪意に満ち溢れた発明を次から次へと繰り出してくる、
彼らが我々と同じ地球人であるとは到底思えませんね。
発想が、あまりにも「自己破滅的」なんです。

これは我々人類向けた、一種の挑戦である、と考えられます。

投資なら銭失いで済みますが、
医療詐欺は、自らの命を失う危険があります。
「ガン三大治療」「ワクチン」「予防検診」などが、
詐欺行為である事は、その業界で生きている人間の間では常識です。

世の中には様々な業界があり、
自分が働いている業界では、その裏を知っているものですが、
その裏が、医療業界だった場合、・・・、
そう、実は知っている人は前から知っていたんですね。

ここ最近の病疾患ウイルスとは、コンピュータウイルスと全く同じもの、と考えていいでしょう。
ウイルスソフトを売るためにウイルスを開発し、全世界にばら撒き、
いかにも自分が救世主の如く登場し、ワクチンを打つんですね。
しかも、そのワクチンは、コンピュータウイルスのワクチンよりも訳が悪い、
そう、全く効かず、逆に病気になってしまうんです。

それこそが、連中の「ミッション」=「アジェンダ」=「人口削除計画」なのです
彼らは自分達が神の意思を継いでいると本気で信じ、
いかにしてダメ人類の数を減らしていくか?を真剣に研究している、
非常に「ありがためいわく」な人達なのです



(続く)


ここで至宝のパラドクスが、「ダメな人間を殺そう」と計画を立てる、
その人間こそが、その過程で様々なダメな兵器を開発していく、
天才=ダメ人間であるという、笑いたくても笑えないお話です。
(ユダヤ・ジョークとしておきましょう)

世界中の優秀な科学者は全て「マッドサイエンティスト」である、
と断言しても、いいかも?もうそういう時期ですね・・・
そう、科学=「人類自殺兵器」「人類殺し合い兵器」を開発する、
宗教の一種らしいんですよ、







スポンサーリンク


日常 | コメント0 |

ダイアモンド不買運動かっ!

あ、なる程、ダイアモンド不買運動かっ!

ついに0歳児向けのB型肝炎ワクチン(人口削除ワクチン)が無料化されてしまいました。
そんなタダに飛び付くような人はいないでしょう、と安心したいんですが、

まだちょっと心配だな~・・・。
うっかり予防接種を受けてしまう「迷える子羊」がいるのではないかと???

いくら国が市役所が「ワクチン!ワクチン!」と騒いでいても、
「お祝いワクチンを打つと景品が当たるキャンペーン実施中だよ!」
とかいった軽いノリですから、詐欺商材であるとすぐにわかるのです。


「ダイアモンドとは稀少で高級なものである」
という「売り文句」が、
完全なる嘘である、という事にして、
(硬くて輝くものなら、色々ある)→クイズ:それって何?

ダイアモンドを買わない、という人生を生きるのもいいですね。

ダイアモンドに群がる、という事は、
原産国のアフリカ諸国を、略奪の窮地に陥れる事になるんですね。
原産国のアフリカ諸国を、救う、という事にはならない事を歴史が証明しています。

普段何気なく気に入って購入している物が、
裏では海外の国を窮地に落とし入れている場合がある、
そうなると人事ではなく、まさしく連帯責任となりますね。

「ダイアモンドが欲しい」という集団心理が、
海外のどこかの国の人民を窮地に陥れている、
そう考えると、やはりワールドワイド的な視点で
物事を見なければいけないんですね・・・



(続く)


ダイアモンド購入→アフリカの子供根絶に加担
という方程式は「真実」です。
この方程式を解くには、世界歴史(裏・表)の復習を今から再開するしかありませんです、はい

・・・ダイアモンドが高級であると人民に勘違いさせるトリックは、
ダイナマイト発明よりも恐ろしい発明であった・・・









スポンサーリンク


日常 | コメント0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。