ラブ・フィットネス (筋トレ&エアロビ&ステップ&ダンス&ヨガ&自己治癒法の研究記)

オリジナルコリオ、ステップ名、ポーズ名などの解説にもTRY中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




スポンサーリンク


スポンサー広告 |

サイクリング愛好者のための体補正メニュー

こんにちは!世界の、いや全宇宙のLF管理人です!
(なんじゃそりゃ 誇大広告JYARO)

普通の自転車暦:10年以上
クロスバイク暦:5年位
ロードバイク暦:1ヶ月(最近買っちゃったv(^^)v)
自転車は素晴らしいトレーニングアイテムですが、
機械を使った鍛錬ですから必ず体に無理がきてしまいます。
そこで、自転車愛好者のための体の補正メニューを組んでみました。
もちろん室内エアロバイクを用いたトレーニングにも同様のことがいえます。


■自転車に長く乗っていると、猫背になりやすい

特にサドルを高くして乗っていたり、
ドロップハンドルにしていたりすると、
運転時は必ず猫背の姿勢になります。
これをできるだけ防ぐには、背筋を使って
背筋を伸ばし、顎を上げて遠くを見る様な
姿勢をキープします。
前傾姿勢中でも背中が丸まらない事を常に意識してライドします。

つまり、日頃から背筋を特別に鍛えておく必要があるのです。
そして、胸を開いて、のけぞるストレッチ、
ヨガでいえばコブラのポーズ系統を毎日行います。


■サドルを高くし過ぎない

サドルを高くし過ぎると、膝関節が伸びきってしまい、
それが膝関節の損傷につながってしまいます。
そのため、一番長い距離でも膝関節が少し曲がった状態の位置に、
サドルをセットします。
サドルが高過ぎると、「立ち漕ぎ」という必殺技が無意味になってしまう、という・・・。


■足の付け根を損傷する

無理をすると、足の付け根に慢性的な痛みが続きます。
これはストレッチポールなどを用いて、患部をグイグイ押し付ける様にして
ほぐしたり、指圧したりして補正します。
重いギアを多用せず、回転速度で勝負する、という発想の転換も大事!


■お尻が痛い!

特にスポーツバイクは、見栄というか我慢比べの様な様相を呈しています。
ウェアでもそうですが、競技ではないので、見栄えよりは実用性を重視する、
柔軟性と思い切りの良さが肝心!
サドルを取り替える必要は特別ありません。
サドルカバーを装着し、カバーの中にさらにタオルなどのクッションを敷いて、
お尻に負担がかからない様にします。

お尻も、足の付け根同様に、ストレッチポールや指圧、ジェットマッサージなどで、
念入りにほぐします。

※タイヤは適度な空気圧で!空気圧が、あまりにも高過ぎると、
全身に加わる衝撃度も増してしまいます。


■自転車で左右のバランスが狂う、最初の原因が、乗り降り。

自転車から降りた状態で右側から自転車を前後に移動させたり、
右側から自転車に乗る、右側から自転車から降りる訓練

これ、実は非常に大事!
これは、左右のバランス補正の他に、
ケガ防止が目的だったりもします。
右側から自転車にアクセスできればそれだけ、
いざという時に体が動いてくれでしょうから。

※自転車に左側から乗る人は、右側方向への転倒でケガをする確率が高い、
この事の防止デス


■総論(ヤ~レン・ソーロン・ソーロン・ソーロン・ハイハイ)

自転車の運転は、背中と下半身のストレッチを重点的に、
毎日念入りに行う必要があります。

そして運転時、必ず左右どちらかの足に重点的に負担がかかっているものです。
運転時に、すこしでも足に痛みを感じたら、
逆の方の足で「力を込めて漕ぐ回数」を増やす事で、
左右のバランスを常に補正しながら運転する、つまり、
「乗りながら補正する」という意識も大事ですね。
(背中も同様ですが)


いや~これからの季節は、さらにさらに
サイクリングに最適な季節になってきましたですね。
またどこかの田舎道でお会いしましょう♪
GIZAロマンどすな・どすな・どすな・・・

体の補正も終わったんで、
今日は体ごなしに久しぶりにZUMBAに出よっかな~
(人はそれを『踊るストレッチ』と呼ぶ)


(続く)




スポンサーサイト


スポンサーリンク


健康 | コメント0 |

野菜を大量に食べるっ!

LF今日も試行錯誤中!

最近は?というと、ロードバイクで1時間かけて
海まで行ったりしてました。
テトラまで泳げるかな?とおもいきいや、
たまにプールで泳いでいたので、まま、楽勝!
これで山登りまでしたら正に「トライアスロン」

舞踏系エアロビクスとは違い、
自転車やマラソンなどの、
単純過ぎる同じ動作を長時間繰り返すと、
必ず体に負担が掛かってしまう、という事が実際にあります。

例えば、自転車で往復2時間移動した後の数日は、
ストレッチ&ヨガのみで済まし、調整日にする、
そのため、ここ数日はエアロビクスなどを止めています。

この様に、超慎重過ぎる位に、自分の体の様子を見ながら
トレーニングするのが正解。
そういう意味では、完全に「マイペース」で
行うのがいいんですね。

プロアスリートや、職業インストラクターと違い、
何の制約もない状態で行うトレーニングですから、
「細く・長く」続けていけるんだと思います。
体の故障を極限まで回避できるので、
これが強みといえば強み。
(サボり過ぎると、これが、弱みといえば弱みになるんですが)

しっかし、体力の衰えがまるで無い!
さらに食事療法の菜食で、体質が完全に変化した模様。
実は、ここ最近は「料理」の自習をしてました。
草食動物は草だけを食べて生きています。
それであのパワーが出るんですから、
野菜を大量に食べていれば、
もしかしたら穀物や豆類すら、いらないのかも???

そして実は、5年位前に、
「紀元前から続く世の中の仕組み」に気付いてしまいました。
それ故、今は実は、フィットネスという枠から脱出し、
より大きい視野で、「健康維持運動」というものについて
考えていこうとしている最中です。

いや~、全ては繋がってるんですね~



(続く)


最近再認識した事:
「水泳の水圧マッサージ効果」:
コレ、ただ水に浸かっているだけで、
水圧により全身が解れていくんですね。
柔軟運動やストレッチのしかたがよくわからない場合、
ただ水の中に立っているだけでも効果アリ。
もちろん水温は高い方がいいけど、低温でも効果はあります。
「シャワーは止めろ!」と、このブログでしつこく書いてきたのも、
まま、そんな意味です
→海で泳いだら、疲れるどころか、
 ここまで自転車を漕いできた疲れが、どうやら癒えたらしい、という訳(^^)
 人体とは不思議だ・・・。

「生命は海から産まれた」を実感しました。まる







スポンサーリンク


健康 | コメント0 |

内部骨折の自己治癒経過まとめ

信じるか信じないかは、このブログの膨大な過去記事を読めば大丈夫でしょう。
そうです私は嘘が嫌いな男なのです。


■経過

自転車による転倒で左脇腹を内部骨折!
ものすごい痛みが10日間位続く(あまり動けない位)

内部骨折による骨の結合を待つため安静:1ヶ月間ほど
様子見で徐々にヨガ、そして筋トレを開始:1ヶ月間ほど

様子見で徐々に有酸素運動を開始

体内に残留した内部出血や骨の断片らしきものが、
なかなか消えず、1年半位、胸の左に移動したり、
胸の右に移動したりを繰り返す(軽い痛み)。が、
骨自体は治っているので、トレーニングには、
殆ど支障なし、でした。

都合2年でようやく自己治癒!


■感想

今回ばかりは病院に行こうか本気で悩みました。
それ位の激痛が続いたのですが、
骨の結合は意外と早く、むしろ打撲や骨折による内部腫瘍が、
なかなか消えなかった、という訳です。

あくまでも「軽い内部骨折」の場合です。
体やトレーニングに、ある程度の知識がない人は、
決して真似しないで下さい。


ヨガを続けていると、自分の体内の状態が自分で
以前よりも鮮明に把握できる様になります。
それゆえに、こういった自己治癒法にもTRYできるんですね。


元々ストレッチ大好きだったんですが、
ヨガに出会って目ウロコです。

ヨガというと女性だけのための美容運動と勘違いされていますが、
老若男女問わず、効果のある健康法なんですね。
フィットネス業界で「ヨガ=女性」という宣伝をするのは、
その方が対費用効率がいいからに過ぎません。
そこんとこ、勘違いなさらぬよう、ご注意ください。


いや~なんか自分が不死身に思えてきた。
永遠の18歳だとか、フェニックス=不死鳥だとか、
冗談で書いてきましたが、いやはや、
トレーニングやフィットネスや自炊で得た知識を総動員すれば、
不可能ではないような気がしてきた。
これぞ「無尽蔵」どすね(^^)



(続く)





スポンサーリンク


健康 | コメント0 |

初心者ロードバイクにTRY!

世界のLF管理人でっす!
(この世界に住むLF管理人、という意味)


移動は全て自転車、
それも絶対にパンクしない自転車です。
 ものすごく躯体が重いので、これだけでも、
充分な程の足の筋トレになります。
 最初のうちは、重過ぎて制動しきれなくて、
転倒の連続、それで、ここ数年は内部骨折が
慢性化してましたが、ようやく自己治癒!
フィットネスに手を抜いていたのは、
内部骨折があるからでもありました。

しかし、どうしても行動範囲が狭くなっちゃうんで、
「ロードバイクの形をしたロードバイク(^^)」
(人はそれをなんちゃって、と呼ぶ)
を買ってみました。
調整も一通りでき、走ってみると、

ん~低姿勢で漕げるクロスバイク、
という感じ。
しかしやはり低姿勢クロモリなりに、
そこそこスピードは出るみたい。
ロードバイクも、姿勢が姿勢だけに、制御が困難。
この自転車に慣れるのにも、
また数年かかるんだろうか?

自転車というと、どうしても前に乗っていた機種の記憶で
動いてしまう時があるので、要注意!
そういう意味では、何種類もの自転車を保有して、
対応能力を鍛える、という荒治療もいいかも?

とにかく
「運動神経というものは、
使い続ければ衰える事はない、」
という事を、色々な人を見ていて実感しています。

いや~本当は物事って無尽蔵なんですね~



(続く)






スポンサーリンク


健康 | コメント0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。