ラブ・フィットネス (筋トレ&エアロビ&ステップ&ダンス&ヨガ&自己治癒法の研究記)

オリジナルコリオ、ステップ名、ポーズ名などの解説にもTRY中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




スポンサーリンク


スポンサー広告 |

今日の朝食は蕎麦と納豆

  
そば
・ほうれんそう
・大根おろし
・長ネギ
・刻み海苔
・七味

納豆
・すりゴマ

もろ精進料理でおま!
締めは「蕎麦湯」

ん?旨い!

やっぱ、こういう地味な食生活が最高!
イライラ感やストレスが吹き飛びます。




スポンサーサイト


スポンサーリンク


テーマ:健康第一 - ジャンル:心と身体

健康 |

スポーツクラブにおける、フィットネスマシンの常時点灯について

  
今日のトレーニング

・自転車(実物)有酸素運動
・筋力トレーニング
 ・胸
 ・型
 ・腹筋
 ・片足スクワット
・ストレッチ
・温冷交互浴


以前から感じていた事をもういちど

・大量のエアロマシンが常時点灯しています
 自動消灯するようにプログラミングするか、
 利用者が手動で点灯・消灯するようにする

エアロマシンとは、自転車を漕ぐスタイルや、
走るタイプや歩くタイプのフィットネスマシンです。
昔の機種なら大抵は手動点灯でしたが、
どうやら最近は常時点灯の機種が圧倒的に多いようです。

100台以上に及ぶフィットネスマシンが
常時点灯している様は、圧巻です。

もちろん使用率が10%でも常に全機種常時点灯です。
こういう事が日本中で行われているのかと思うと
目がくらみます。

いつも変だと感じていたので、次第に
フィットネスマシンは使わないようになりました。


■改善案

・メーカー側は、節電・消灯モードに自動移行するようプログラムを組み直す
・運営側は、その日の混雑に応じて点灯範囲を制限する
・利用者は、利用後に自主的にマシンを消灯する
・運営側は、利用者が消灯した機械をわざわざ点灯しない

投書よろしく!






スポンサーリンク


テーマ:Fitness - ジャンル:スポーツ

日常 |

放射性ヨウ素は、逆浸透膜方式の浄水器で除去可能!

 
色々と調べてみましたが、
どうやら逆浸透膜方式の浄水器で除去可能らしいですね。

念のため、さらに沸騰させれば、より安全だそうです。
大人なら心配いらないようです。

逆浸透膜方式なら「ダイエー」や「サミット」
とかのスーパーで、「ただ」で浄水できます。

それでも心配な人は、
「水に炭を漬け込んで放射性物質を吸着させる」という裏技もあり!


こういう緊急時に不安感を煽り大儲けするのが、
前回も書いた「トイレットペーパー騒動」的商売方法です。

ペットボトル水に大行列ができてますが、テレビの観過ぎでは???
身分証明書で乳児育児確認をした方がいいのでは???






スポンサーリンク


テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

健康 |

「省電力営業」について大いに語る???

  
今日のトレーニング

・自転車通勤による有酸素運動
・筋トレ
 ・胸
 ・肩
 ・片足スクワット
・温冷交互浴
・湯船ストレッチ
・ジェット・マーッサージ

スポーツクラブも自粛体制から通常業務に戻りつつありますね。

いやはや、水浴が気持ちいいんですよ、実際。
低温水風呂に頭から全身浸かり(潜り)5秒間位耐える。
立ち上がり、頭や体に桶で水を振り掛ける。
浸かる痛みとはまた違い、水圧で振り掛けると痛み=爽快感が倍増!

脳が体がシャキッとします。(通限定)


このブログでは、「自宅では夏も冬もエアコンを使用せずに乗り切る!」
とかいった、押し付けがましい事を嫌われるの覚悟で、たまに書いていますが、
今回の事件で少しでも気持ちを理解していただけたら幸いです。

そう、「いっぱいあるようでいて、いざとなるとすぐに途絶える」です。

自分の部屋は365日「省電力営業」です。
照明も最低限の裸電球、冷蔵庫も省電力、ノートPCも背景黒設定。
だって自分が住むだけの独り暮らしの部屋だもんね(^^)






スポンサーリンク


テーマ:Fitness - ジャンル:スポーツ

日常 |

体の洗いすぎは危険! ?皮膚に住む善玉菌?

  
潔癖症の話になったので続きです。


皮膚の角質層には善玉菌(皮膚常在細菌)が住みついていて、
洗いすぎると、善玉菌がいない状態となり、
空気中の細菌の進入を許してしまいます。

さらに、シャンプーやボディーソープで洗うと、
善玉菌を破壊し、皮膚の奥の奥まで
洗剤の化学成分が浸透してしまいます。


■では、どうすればいいか

・自然素材の石鹸で洗う(体も頭も)

・リンスは「食酢」で代用する

・「あかすり」で強くしごいてもいいですが、
 体を洗った後はしばらく湯船とかで軽く汗をかいて、
 善玉菌の再生を待つ。(10分以上)
※強く洗えば洗う程、再生には時間がかかります


テレビや美容院では、「頭を石鹸で洗うなんて考えられない」
と言いますが、それはもちろん商品を売るためです。

特に私のように肌が敏感な人はシャンプーはご法度なんですね。
石鹸に変えてから肌荒れはなくなりました。


強く体を洗い、すぐに更衣室に出ると、
いきなり空気中の菌が取り付いてくるのが体感できます。
そして物凄くかゆくなるのです。

「あんなに綺麗に洗ったのに何故?」
と不思議に思っていましたが、
最近ようやく謎が解けました。


「せっかく体を洗ったのに汗をかくのは勿体無い」
と考えてましたが、ある程度は汗をかかないと
善玉菌(皮膚常在細菌)は再生してくれないらしいのです。


綺麗好きも程々がいいのかも???







スポンサーリンク


テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

健康 |

オイルショックのトイレットペーパー騒動について考えてみる ?今日のトレーニング?

  
今日のトレーニング

サイクリングによる有酸素運動
筋トレ
・胸
・肩
・片足スクワット
温冷交互浴

この地震で、自転車通勤に変える人が増えました。
特に冬は寒いので自転車を漕いでいて
ちょうどいい体温になる位。

もちろんこの冬もエアコンなし。
「重ね着、運動、お湯飲み」でしのいでます。

どんでもない事態に陥りましたが、
この機会に、便利さに浸りきった生活から
昔ながらの素朴なくらしに回帰する人が増えれば
この試練も意義のあるものになると思います。


1973年のオイルショックで、
「トイレットペーパー騒動」が起きました。
でもよくよく考えてみれば、
新聞紙や広告紙を切り刻めば、
幾らでもトイレットペーパーの代わりになるのです。
(トイレに流さなければ済む話)

あの70年代頃から既に日本人はなにか
お花畑のような世界の住人だった訳です。

行き過ぎた清潔感倫理・潔癖症は逆に身を滅ぼしかねません。
時代回帰!






スポンサーリンク


テーマ:Fitness - ジャンル:スポーツ

日常 |

東北地方太平洋沖地震から生還

 
生まれてから最大規模の地震に遭遇しました。

みなさん、ご無事でしたか?


都内では、揺れは大きいのに何故か被害は少ない、不思議な地震でした。

かなり深い部分で揺れていて、都内の地表に到達するまでに、
破壊的な力は相殺されている感じです。


東北・首都圏のJRは運転を見合わせ。
多くの人々が身動きが取れなくなっています。

・職場に宿泊するか、

・早めに24時間営業の飲食店に駆け込むか、

・早めに宿泊施設に駆け込むか、


こういう時に「自転車通勤」の強みを痛感します。


この際だから「自転車を買って帰宅する」
という選択肢がある事をお忘れなく。


交通機関という便利さが「仇」になる、

それを痛感した一日でした。







スポンサーリンク


テーマ:Fitness - ジャンル:スポーツ

日常 |

「青色申告」はゲームよりも簡単

 
独立して青色申告も今年で2年目。

「青色申告」と聞いただけで何か
とてつもない高度な事をしていると、

自分も思い込んでいたのですが、
パソコンに明るければ、いとも簡単です。

青色申告(ExcelB)も、確定申告(おまかせ青色申告)も、
無料ソフトウェアがあるので、
仕分け帳に入力していくだけです。

ただ、その入力の方法が、
取引の種類により違うので
それだけは、最初の年度の無料記帳指導時に
税理士さんに教わるのみです。

それ程パターンがある訳ではないので、
数パターンを覚えて、同じように入力していけば、
自動的に出来上がります。


でも物事ってフタを空けてみたら、
案外単純明快なんだな?と痛感する次第。

提出期限は3月15日です。

今年も税務署に直接投函します。


継続して努力していれば、いつか夢は必ず叶います。
そしてまたすぐ次の新しい夢が頭に浮かんでくるのです。






スポンサーリンク


テーマ:うっそだぁ? - ジャンル:

日常 |

いずれにせよ、毎日、湯船に浸かるのが大事!

 
「銭湯派」のページを更新しました。

「銭湯ハイパーサーチ! 」で
細やかな検索ができます。

銭湯のメリットは、使う時だけ料金を払えばいいので、
施設に縛られる事がない点です。
また湯温が高めな施設をチョイスできる点です。

スポーツクラブのメリットは、
朝から入浴できる事、
サウナが無料、
各種プログラムが豊富
な点です。


でも、バリバリ現役の人は仕事で運動していて、
アフターファイブは、くたくたになっているものなので、
お勧めするのなら銭湯の方が一般的なのかな、と
最近は思います。


いずれにせよ、毎日、湯船に浸かるのが大事!


繰り返し書きますが、

「シャワーがカッコイイ」は嘘です。






スポンサーリンク


テーマ:Fitness - ジャンル:スポーツ

健康 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。