ラブ・フィットネス (筋トレ&エアロビ&ステップ&ダンス&ヨガ&自己治癒法の研究記)

オリジナルコリオ、ステップ名、ポーズ名などの解説にもTRY中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




スポンサーリンク


スポンサー広告 |

色々なエアロ

今日は有酸素中心の大汗メニュー!

■体調整

・ストレッチ
・ヨーガ


■各種有酸素運動

・チャリ漕ぎ
・古典エアロ
・現代エアロ
・格闘エアロ

◎チャリ漕ぎ
自転車かエアロバイクを漕ぐこと。
いきなり2本足で運動するよりも、
まずは座った状態から始める事で
足首や膝を保護する狙いがある。

◎「古典エアロ」とは、基本のステップを
可動域を存分に使い、思いっきり力を込めて
「ワッセワッセ」やるエアロビクスの動きである。
演歌を歌いながら「えんやこーら」とやると
ピタリとはまる、少し恥ずかしい動きでもある。
しかし汗はよく出る。
ハイ・インパクトにすれば大汗もの。

◎「現代エアロ」とは、ローインパクトでありながら
動きを少し複雑にし、ジャズダンス風に
「おしゃれ」にしたエアロビクスの動き。
スタイリッシュだが、あまり汗は出ない。
どちらかといえばコリオのパズル的要素を楽しむもの。

◎「格闘エアロ」とは、パンチやキック等の
格闘系の動きを織り込んだエアロビクスのこと。
動きは単純だが、直線的で攻撃的な動きなので汗がよく出る。
上腕も激しく動かすので、古典エアロよりも汗が出る。
キックの際には、高く跳んだりもするので
強度は一番高い。ストレス発散効果も一番高い。


スポーツクラブでは「格闘エアロ」が一番人気があるようだが、
自分としては、この3つのエアロ・スタイル、
どれ一つも外せないので
連続で、または融合して練習している。


合間にパワーヨガのバランス系を挟んで静止&発汗!


P.S.
運動後の「明日リート健康食」

野菜カレー
具:大豆、人参、玉ねぎ、じゃがいも、キャベツ


地球の未来を大いに憂う宇宙人の「原木聖」くんも、
「肉はもういい」言うてます。
そうでんな。時代は菜食じゃけん。の。




スポンサーサイト


スポンサーリンク


テーマ:Fitness - ジャンル:スポーツ

エアロビクス |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。